上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


















アスタキサンチン

アスタキサンチン (astaxanthin, astaxanthine) は、緑黄野菜のβ-カロテンやリコピンなどと同じくカロテノイドの一種で、キサントフィル類に分類される色素物質です。発見したのはリヒャルト・クーンらの研究グループで1938年にロブスター(Astacus gammarus L.)から発見しています。リヒャルト・クーン(Richard Kuhn、1900年12月3日 ~ 1967年8月1日)はオーストリア、ドイツの生化学者で、1938年のノーベル化学賞受賞者です。



アスタキサンチンは、自然界に広く分布しています。主にエビ・カニなど甲殻類の殻やそれらを餌とするマダイの体表、またサケ科魚類の筋肉の赤色部分などに見られます。いまのところ知られている生物の中では,ヘマトコッカス藻が最も高濃度にアスタキサンチンを含んでいて、機能性食品としてのアスタキサンチンの多くは、ヘマトコッカス藻から生成されているといえます。



アスタキサンチンという名前はギリシャ語の "yellow flower" に由来するとされていますが、実際の色は赤色です。タンパク質と結合したアスタキサンチンは黒っぽい青灰色ですが、加熱によりタンパク質分子が変性してアスタキサンチンが遊離すると、本来の赤色をあらわします。甲殻類を茹でると赤くなるのはこのためです。



また、サケ以外でも身が赤い魚には、カツオやマグロなどありますが、これらの赤身はミオグロビンという血液成分によるもので、アスタキサンチンではありません。サケの場合は、加熱してもサーモンピンクが色あせることがありませんが、マグロやカツオは、生の状態では鮮やかな赤色でも、加熱したとたん白っぽく変化してしまいます。



アスタキサンチンの1日摂取量の目安は、大人の場合、1~5mgと言われています。これは、サケ1切れに相当します。加熱しても成分の性質は変わらないので、比較的とりやすい成分といえます。



アスタキサンチンは高い抗酸化作用を持ち、紫外線や過酸化脂質など活性酸素の害から守ってくれると考えられています。また、アスタキサンチンは光障害から目を保護すると言われています。

アスタキサンチン サプリ 最新一覧 By 楽天


















最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。