上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


















アスタキサンチンと抗ヒスタミン作用

アスタキサンチンは、花粉症やアトピーなどのアレルギー反応を緩やかにする働きが確認されているようです。それは、アレルギー症状の原因となるヒスタミンを無毒化する抗ヒスタミン作用があるからです。



ヒスタミンとはアトピー性皮膚炎のかゆみや炎症、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の膿胞(のうほう)や骨の痛み(実際は骨膜の痛み)、花粉症のアレルギー性鼻炎の目や鼻のかゆみや炎症などの原因とされています。



アスタキサンチンは、ヒスタミンと結合することでヒスタミンを無毒化し、アレルギーによる、かゆみや炎症などの改善・予防に効果を発揮します。しかしながら、アスタキサンチン抗ヒスタミン作用は、細胞に十分な量が蓄積されてはじめて効果を示すために、即効性がありません。そして、アスタキサンチンによって健康効果を得るために必要な摂取量や摂取期間は個人差があります。



一般的に1mg~6mg程度の量のアスタキサンチンの摂取を毎日続けていくことで、3ヶ月から1年ぐらいで全身の細胞の細胞膜にアスタキサンチンを蓄積することができ、細胞の抗ヒスタミン作用を高めることができるといわれています。



アスタキサンチンが細胞膜に充分蓄積されると、アレルギー反応によって作られるヒスタミンが細胞に近づくとアスタキサンチンが抗ヒスタミン作用を示しヒスタミンに結合することでヒスタミンを無毒化するので、かゆみの改善や炎症の防止に効果的とされています。



アスタキサンチンの抗ヒスタミン作用を高めるためには、ベータカロチン(ビタミンA)との併用やビタミンEとかビタミンCを併用することが有効であるとの報告もあるようです。



また、ある研究では、アスタキサンチンとイチョウ葉エキスを併用すると喘息に効果を発揮するという報告もされているようです。ちなみに、体質改善によってより永続的なヒスタミン抑制作用を得るものとしてケルセチンがあるといわれています。

アスタキサンチン サプリ 最新一覧 By 楽天


















最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。