上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


















アスタキサンチンと一重項酸素

アスタキサンチンが最も抗酸化作用を発揮するとされるのが、活性酸素の一重項酸素(いちじゅうこうさんそ)です。一重項酸素は、皮膚に紫外線が当たると発生し、コラーゲンやエラスチンなど皮膚の若さを保つ蛋白を破壊することでシワなどの原因となります。白内障も、一重項酸素などによる過酸化脂質の増加が原因であるとされています。



お肌のシミ(褐色顆粒)は、細胞内のリソソーム(lysosome)の膜の不飽和脂肪酸が、一重項酸素などの活性酸素で酸化されて生じる過酸化脂質(と蛋白質の複合体)が、リポフスチンとして蓄積したものです。



さらに一重項酸素は、コレステロールや中性脂肪といった脂質と反応して、過酸化脂質を生成することでがんや動脈硬化の原因となることが知られています。



中性脂肪と一重項酸素から生成された過酸化脂質は細胞内でスーパーオキシドアニオンを発生させて、それが核内のDNAを損傷させる作用を持つため、がん発生原因のひとつであると考えられています。



血管内膜と中膜の間に蓄積したLDL(低比重リポ蛋白質)コレステロールが、一重項酸素と反応してできた過酸化脂質が内膜に作用してマクロファージを誘引しアテローム性動脈硬化へと進行することが分かっています。このためLDLを悪玉コレステロールと呼んでいるんです。



また、アルツハイマー病の原因のひとつに一重項酸素などの活性酸素によりアミノ酸が酸化されて生じるカルボニル化合物があるといわれています。



アスタキサンチンは一重項酸素に対して最も強力な抗酸化物として有効に反応することがわかっていますから、アスタキサンチンを摂ることが、過酸化脂質の生成を抑制して、がんや動脈硬化そして、紫外線による肌の老化や白内障などから私達を守ってくれると考えられているんです。

アスタキサンチン サプリ 最新一覧 By 楽天


















最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。