上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


















アスタキサンンチンとアトピー

アスタキサンンチンが、アトピー性皮膚炎に対して効果があるといわれています。アトピーの症状を発症する原因のひとつにサイトカインやエイコサノイド、ヒスタミンなど様々な炎症性メディエーターが、脂肪細胞やマクロファージなどから放出されることで引き起こされる、組織障害であるとされています。



サイトカインは、バランスが崩れるとアトピーなどのアレルギー症状を引き起こすとされる免疫細胞のTh1とTh2のバランスの制御にもかかわっていると考えられています。



アスタキサンチンは、サイトカインなどの炎症性メディエーターを、脂肪細胞やマクロファージなどから放出されるのを抑制する作用があることで免疫細胞のTh1とTh2のバランスを正常にする作用を期待できることでアトピーに効果があると考えられています。



さらに、アスタキサンチンは、COX-2を特異的に阻害する作用があると報告されています。COX-2は、プロスタグランジン (prostaglandin, PG) の生成に必要なシクロオキシナーゼ(Cyclooxygenase:COX)のひとつで炎症性サイトカインなどの刺激により発現する酵素です。



プロスタグランジン (prostaglandin, PG) は、アトピーの炎症を引き起こす直接の原因物質といえます。組織が損傷を受けた時、細胞膜にあるリン脂質はアラキドン酸に変わりますが、さらに、シクロオキシゲナーゼ(COX)の作用によってプロスタグランジンが生成され炎症を引き起こすんです。



シクロオキシナーゼ(Cyclooxygenase:COX)には、3種類があり、COX-1は、恒常的に体内にあって胃粘膜保護や利尿、血流の維持などの生理機能に関与していて、COX-2は、炎症性サイトカインなどの刺激により発現するとされています。



アスタキサンンチンは、COX-1には影響を与えず、COX-2だけを特異的に阻害するため,体に本来必要な生理機能維持のためのPGの生成に影響を与ることなく、過剰なPGの生成を阻害することができることで副作用の心配がないといえます。



しかしながら、これらアトピーについての効果は、即効性が期待できず、この作用が効果をあらわすには2ヶ月から3ヶ月の摂取が必要といわれています。

アスタキサンチン サプリ 最新一覧 By 楽天


















最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。