上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


















アスタキサンチンとメタボ

アスタキサンチンは、メタボ対策に効果があるとされています。メタボ、つまり、メタボリックシンドロームとは、肥満の成人で、内臓脂肪型肥満があり、動脈硬化が原因で心臓病など重篤な病状を引き起こしやすくなった状態の人のことです。お腹まわりが女性90cm以上、男性85cm以上またはBMI(体格指数)25以上で、なおかつ検査値で高脂血症、高血圧、高血糖として2項目以上に該当するとメタボと診断され、1項目に該当するとメタボ予備軍となります。



アスタキサンチンには、内臓脂肪を減らす作用があります。メタボでお腹周りを測るのは内臓脂肪の量を予測するためです。内臓脂肪は、肥大化すると、アディポネクチンというホルモンの分泌が減ることで、インスリンの効きが悪くなり、糖尿病や高血圧、高脂血症の原因となるとされています。



アスタキサンチンは、運動時のエネルギー源として糖よりも脂肪を優先的に利用する作用が働くとされています。動物実験でも内臓脂肪や皮下脂肪の蓄積が抑制されることが、明らかになっています。したがって、アスタキサンチンを摂ることは、内臓脂肪の抑制に効果が期待できるんです。



そして、アスタキサンチンの抗炎症作用が体内での炎症を抑えることで、インスリンの効きを良くし血糖値の改善に寄与することが判明しています。



さらにアスタキサンチンを人に投与した実験では、血圧や、総コレステロール値、血糖値、中性脂肪値などの値が標準より高めの人だけが下がるという現象が見られ、指標を適正な範囲に調整する機能があると考えられています。



つまり、アスタキサンチンを摂ることで、内臓脂肪が抑制され、血圧や血糖値、高脂血症の値の抑制されて、メタボ基準を下回ることを期待できるんです。

アスタキサンチン サプリ 最新一覧 By 楽天



モンドセレクション金賞受賞!中性脂肪&コレステロールを減らすサプリメント【極上クリル】
























最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。