上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


















アスタキサンチンの効能

アスタキサンチンには、内臓脂肪から分泌されるホルモンであるアディポネクチンを増やす効果があるとヤマハ発動機が発表しています。アディポネクチンは脂肪を燃焼し血糖値を抑える働きがあると言われています。また同時に血糖値を調整するインスリンが効かないようにする物質が、約29%減少したことも確認されています。したがって、アスタキサンチンは、血糖値の調整作用と脂肪の燃焼に効果があるとされています。



アスタキサンチンは、野菜から取れるβ-カロチンなどと同じカロテノイドの仲間で、サケ・エビ・カニや海藻などの魚介類に多く含まれる赤い色素です。野菜がそうであるように熱帯魚などが鮮やかな赤色や黄色なのはこのカロテノイド色素によって強烈な紫外線から身を守っているためです。



活性酸素には、スーパーオキシドアニオン・過酸化水素・ 一重項 酸素・ヒドロキシラジカルがありますが、アスタキサンチンは、「一重項酸素」の酸化反応と、体の組織を連鎖的に障害していく「過酸化脂質」の生成を抑制する力が強いことがわかっています。特に、一重項酸素酸化に対してはビタミンEの約500倍、ベータカロチンの約40倍、リコペンの約10倍の抑制効果があるとされています。



アスタキサンチンの抗酸化作用によって、脂質の酸化防止作用があり、血中脂質の活性酸素を抑え、血管を若々しく保ったり、免疫細胞を活性酸素から守ることで免疫力を高めます。またアスタキサンチン自体がガンの増殖を抑制することも知られています。さらに、ビタミンCなどと異なり脳関門を通過することができるため、目の病変の予防と治療に効果があるとされています。



アスタキサンチンには、サーカディアンリズムつまり体内時計の調節作用があるとされています。さらに悪玉コレステロールといわれるLDLの低減作用や動脈硬化の予防・改善化作用、そして、ストレス等による皮膚の免疫力低下を抑制する抗ストレス作用など免疫力を活性化する、免疫賦活作用があるとされています。



アスタキサンチンの抗酸化作用には、美容やアンチエイジングにとって大敵の紫外線による皮膚の酸化損傷防止や、炎症の抑制作用などもあります。そして、眼球に対する作用として、光障害から網膜を保護する働きや毛様体機能の調節作用があるといわれています。

アスタキサンチン サプリ 最新一覧 By 楽天




















最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。